Top >  産み分け関連読本 >  赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)

赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)

赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)
斉藤 由貴
赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)
定価: ¥ 460
販売価格: ¥ 460
人気ランキング: 339557位
おすすめ度:
発売日: 2000-02
発売元: 小学館
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)の詳細を見る

赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)(-_-)。
正直、最初はあんまし期待してなかった。
タイトルも「赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)」なんて感じで、個人的にはイマイチ、ピンと来なかったし、装丁もショボイしで・・・。

でも、本って、やっぱ見た目じゃないんだよね。
赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)を読んでると、ノウハウの影にドラマあり・・・ぃゃ、ドラマを追っていくと、ビックリノウハウ有り・・・って感じで圧倒されっぱなしっすわ。

[U()]の本は昔から好きだったけど、ここ数年は本をあまり読む暇なかったなぁ。これからは、なるべく時間を作って色々読んでみるつもりです。

ファンシ?
内田春菊の妊娠、出産エッセイがワイルドタイプだとすると、斉藤由貴のこれはファンシータイプとでも言うのでしょうか、とにかくどのページを開いても、ふわふわぬくぬくのしあわせオーラが溢れていて、正直、ちょっと胸焼けしちゃいます。

妊娠・出産までのお手本
 女性にとって妊娠・出産は経験するまでは未知の領域なため、経験話を頼りに情報を仕入れていますが、この本は心温まる作者自身のイラストや写真があり、それと共にに読んでいくと幸せな気分になります。出産までの気持ちや不安や期待、出産後の喜びが伝わってきます。これからママやパパにになる人にはぜひお薦めしたい本です。

赤ちゃんあいしてる―斉藤由貴の妊娠・出産はじめて日記 (小学館文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 のびのび育児百科―妊娠・出産・育児がよくわかる  |  トップページ  |  次の記事 ゼクシィ 福岡・佐賀版 2006年 11月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15424

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。