Top >  産み分け関連読本 >  小さな鼓動のメッセージ

小さな鼓動のメッセージ

小さな鼓動のメッセージ
辻岡 健象
小さな鼓動のメッセージ
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 325777位
おすすめ度:
発売日: 1993-06
発売元: いのちのことば社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
小さな鼓動のメッセージの詳細を見る

ふぁ~。風呂から出て、寝るまでの間に本を読むのが私のささやかな楽しみです。最近読んでるのは「小さな鼓動のメッセージ」。

最初はとっつきにくいかな~~と思ってたけど、文体が結構好きな感じで結構読みやすいです。

辻岡 健象の本は小さな鼓動のメッセージ意外にも色々あるけど、私は小さな鼓動のメッセージが一番好きかな^^!

あと、最近は漬け物にもハマってます。子供の頃はしば漬けが好きで、しば漬けばっかり2ヶ月くらい食べ続けて入院してからは一切食べなくなったけど、最近また食べてみたら、再び漬け物中毒になりました。

さて、今日はもう寝ます。

実践を伴った主張に感服
中絶を回避するために紛争した著者の経験をドキュメンタリー形式に紹介。「命」をめぐって戦う著者の愛と行動が迫ってきて、ページをめくるごとに涙か止まらなかった(実は僕は涙もろい)。
聖書的価値観に立って「中絶=人殺し」と主張はするが、極端な自己主張に終わらない。孤児を預かったり里親を探したりという行動派(マザーテレサみたい)。中絶に関しては僕も思うところがあるし、将来的には里親制度にも興味がある。ぜひ見習いたいものだ。

中高生は特に是非読んでほしい
現在、性的関係を結ぶ人たちの低年齢化が進んでいる。中高生で中絶経験のある人はけして少なくない。
大人たちは、いけないことだからやめなさいという。
しかし、世の中をあげて性的描写があふれ、青少年にさも何の問題も起こさない、すばらしい行為であるかの誤解を与えていては、決して問題はなくならない。
性行為がどういうものか、その結果何が起こるか、気軽に性関係を結ぶ前に、この本を読んでみてほしい。
どうか、小さな命を絶ってしまうものにならないで、自分自身をきづつけ、くるしまないで。本書を読んでつよく思わされる。
本書は、問題提起をするだけでなく、その問題に真っ向から取り組み助けを与えてきた人々の物語である。助けもそこにあるということを気づいてほしい。
本書!を強く推薦するものである。

小さな鼓動のメッセージの詳細を見る

 <  前の記事 うちの3姉妹 ファミリーダイアリー  |  トップページ  |  次の記事 BABY’S EVERYDAY  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15411

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。