Top >  産み分け関連読本 >  夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちは

夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちは

夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちは
正木 かよ
夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちは
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 131012位
おすすめ度:
発売日: 2003-03
発売元: メディカ出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちはの詳細を見る

夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちはのことは、メールで紹介されていて知りました。
友達に紹介されて、あまり興味のなかった私ですが、読んでみて驚きました。

この本は、読みやすい上、いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。
夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちはが「最初の一冊」になるとすれば、それはベストの選択の一つといえるんじゃないでしょうか。
それぐらい、この本はすばらしいです。
夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちはは、健康を求めるすべての人に本書を読んでもらいたいです。
いつも手元に置いて、事あるごとに開きたい本です。

夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちはは、このように凝縮された内容が公開されることに感謝です。夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちはは、必読だと思います。
内容は、文章がこなれていて、大変に読みやすくわかりやすいです。
始めてからまだ日が浅いですが、効果が少しずつ出てきました。
私は、ちょっと具合が悪くなると薬箱代わりこの本を開いています。

夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちははこういう問題に興味のない方にこそオススメしたい傑作です!

ありがとうございました
正木先生の助産院で出産できました。息子は2歳になりスクスクと成長しています。この本は私の大切な宝物です。今私のお腹には次の命が宿っています。諸事情で正木先生の所へはいけませんが、この本を頼りに大事に出産の時を迎えたいと思います。

内容は深いが、言葉がやさしく読みやすい。
 開業40年のベテラン助産師である著者の体験や先輩ママ達の体験談が豊富に紹介されていて、それだけでも読みごたえ充分ですが、妊娠・出産の「?」が具体的且つ丁寧に示されており(特に食事!)、たいへん参考になります。
 さらに、話は妊娠・出産に留まらず、子育て、性教育、現代社会の抱える問題にまで広がり、読み終えた後、自分はどうあるべきか、というところまで思いを馳せてしまいました。
 内容は豊富ですが、あたたかみのある表紙にイラスト、何より文章がやさしく書かれてあり、「何かお産関連の本を一冊」と聞かれたら、私はこの本をお勧めします。

プレゼントにも最適の本
「望むお産」という視点を得ることがいかに大切か。
そして「いいお産」を手に入れるための毎日の積み重ねが持つ重要な意味。
「産む性」である女性のバイブルであるばかりでなく
息子に是非とも読ませたい1册です。

夫婦でいいお産をしよう―助産所の窓からこんにちはの詳細を見る

 <  前の記事 ずぼらさんの明るい妊娠・出産日記。 (sasaeru文庫 い 2-1) (sasaeru文庫 い 2-1)  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15402

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。