Top >  産み分け関連読本 >  出産で女性は賢くなる

出産で女性は賢くなる

出産で女性は賢くなる
小谷 博子
出産で女性は賢くなる
定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング: 126960位
おすすめ度:
発売日: 2006-07
発売元: スカイビュープランニング
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
出産で女性は賢くなるの詳細を見る

ふぁ~。風呂から出て、寝るまでの間に本を読むのが私のささやかな楽しみです。最近読んでるのは「出産で女性は賢くなる」。

最初はとっつきにくいかな~~と思ってたけど、文体が結構好きな感じで結構読みやすいです。

小谷 博子の本は出産で女性は賢くなる意外にも色々あるけど、私は出産で女性は賢くなるが一番好きかな^^!

あと、最近は漬け物にもハマってます。子供の頃はしば漬けが好きで、しば漬けばっかり2ヶ月くらい食べ続けて入院してからは一切食べなくなったけど、最近また食べてみたら、再び漬け物中毒になりました。

さて、今日はもう寝ます。

たくさん産みたくなりました
この本を読んで、もっともっと子供を産みたいという気持ちになりました。
毎日目にするニュースは、子育てする母親にとっては暗いものばかりで、
そういう話ばかりを聞かされると、子供を産み育てることの素晴らしさが
だんだん実感しにくくなってしまいます。
育児工学者であり、小さなお子さんのママでもある小谷先生のこの本は、
かけがえのない出産?育児のドラマが、女性にとってどんなに心身ともに
幸福をもたらしてくれるものかを、科学的かつ実践的に解明してくれていて、
本当に子育て中のママパパ、そしてこれから子供を持とうと考えている世代の
人全員に読んでもらいたいと思いました!!
少しでも早く、たくさんの人にみてもらいたい気持ちでいっぱいです!
読んでみようかな?と思うお母さんはぜひ読んで、お友達にも
貸してあげてほしいです。ママになった幸せが伝染します♪

とっても素敵な本です。
以前から、妊娠・出産のマイナス面ばかりを誇張する風潮に首をかしげていましたが、出産・育児を経験した女性のマネジメント能力の高さや、効率の良さを目の当たりにして、絶対にそれは違う、と感じていたことを、この本が裏付けしてくれたように思います。

ご自分の育児経験をとおして、研究テーマを広げたり、世の中に働きかけてよりよい環境にしていくあたりは、読んでいてこちらまで幸せな気持ちになりました。また、某育児用品メーカーとの共同開発を断ったくだりは、同じ母親として爽快でした!著書の中で触れられていた育児用品だけではなく、個人的には、離乳食のメーカーが世に出している商品や、生後半年以前に離乳準備をはじめるように書かれた自治体の母子手帳についても疑問を感じていたからです。「なぜ二ヶ月から果汁を飲ませるの?」「半年でお肉って早すぎない?」という思いは、アレルギーで悩むお母さんや子供の増加という状況に裏打ちされて、少しずつ怒りに変わってきました。また、私たちも声を上げる必要があるのかもしれません。

一点だけ気になったのは「赤ちゃんに母乳をあげるのは、夫のどんな愛撫より快感」という主旨の文です(実際、その通りにしても)。これを言われて、明るい気持ちになる父親っているでしょうか。
今後は、もっと世の中全体が育児に前向きになるような流れになってほしい、そのためにはまず父親を巻き込まなくてはいけないと思います。実際、なかなか意思の疎通が図れないこともあるパパ達ですが、母親が一段大人になって、父親達の芽吹きはじめた父性本能を大切に育ててあげたいと思うのです。そのことが、母親に、世の中に必ずプラスに跳ね返ってくると信じます。

賢母になりたい
インターネットが全世界にこれほど広まったのは、利用を無料にしたこと。
なぜかそんなことを思い出しました。
この人の活動が広まるのは、ボランティア精神が根底に流れているからだろうなーと思いました。良妻賢母って古くさい言葉ですが、大好きな言葉です。
私は、この本を読んで、私が女性として自立した賢い母となるために赤ちゃんとの出会いがあったんだと感じました。
そして、作者は、子どもにとっての賢い母の「賢母」にとどまらず、社会にとっても認められ必要とされる賢い母「賢母」であるんだなーと、尊敬の念を覚えました。

出産で女性は賢くなるの詳細を見る

 <  前の記事 AERA with Kids (アエラウィズキッズ) 2006年 6/15号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 いまどきの出産―赤ちゃんも仕事も大切なあなたへ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15378

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。