Top >  産み分け関連読本 >  おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと

おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと

おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと
池川 明
おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと
定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング: 5891位
おすすめ度:
発売日: 2002-10
発売元: リヨン社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
おぼえているよ。ママのおなかにいたときのことの詳細を見る

おぼえているよ。ママのおなかにいたときのことは今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。このおぼえているよ。ママのおなかにいたときのことの本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。おぼえているよ。ママのおなかにいたときのことを読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

おぼえているよ。ママのおなかにいたときのことは自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

おぼえているよ。ママのおなかにいたときのことは情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私はおぼえているよ。ママのおなかにいたときのことの本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。おぼえているよ。ママのおなかにいたときのことでちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

おぼえているよ。ママのおなかにいたときのことはオススメです!

「胎内記憶」という言葉をご存知だろうか? 文字通り、母親の胎内にいたときの記憶である。日本では、1990年代の半ば以降にテレビなどで取り上げられて初めて知ったという人も多いだろう。あるいは「胎内記憶」は知らなくても、「胎教」という言葉はもう少しポピュラーかもしれない。おなかの中の赤ちゃんにクラシック音楽を聴かせたり、話しかけたりするというものだ。 本書は、産婦人科医である著者が、母親を対象に行った調査から「わが子の胎内あるいは出産時の記憶」をまとめたものである。1~6才ぐらいの子どもたちがそれぞれに語る「おなかの中にいたときのこと」「生まれたときのこと」。 「いつもおどっていたんだよ。あー、ママのおなかにもどりたいなー。」など、子どもたちの言葉はすなおで、やさしいリズムの詩(うた)のようだ。見開き2ページに1篇の詩とやわらかなイラストという構成。実際の妊娠中の様子なども母親の言葉で添えられていて興味深い。 生命のつながりと誕生の不思議。子どもたちの記憶は果たして本当に胎内にいたときのものなのか? 「胎内記憶」はまだまだ解明されていないが、それでも子どもたちからのメッセージは、生まれる前も生まれてからも、親が子に話しかけること、抱きしめることの大切さを訴えている。おなかの中には母親以外の声もちゃんと届く。周囲のみなさん、一緒に読んで赤ちゃんに話しかけてくださいね。(佐伯秀子)

温かい気持ちになります
妊娠中に購入しましたが、お腹の赤ちゃんがとても愛しく感じました。お話をしてくれている小さな子供たちの純粋さや、たとえ会話をできなくてもお腹にいる赤ちゃんに対して決しておざなりにしてはいけないな、もうひとつのきちんとした命なのだから、とあらためて感じさせられます。嫌な事件が多い中、こうした本を今の中学生や高校生にもよんで欲しいなあと思ったりします。子供たちの胎内記憶のアンケートの中の声が中心なので、専門的に胎内記憶についてしりたい場合には少し物足りないかな。

■我が子をぎゅっと抱きしめたくなる本■
 育児に違和感を感じたり、ちょっと疲れたときに読んで下さい。
子供を『ありがとう!』と抱きしめたくなる本です。

産婦人科の医師が育児中のお母さんたちにアンケートを取った結果、
胎内記憶を持つ子供が沢山居た…。というお話です。
 ジョナサン・ケイナーの著書よりも内容的には理解しやすいものが多く。
私は類似した本の中ではこの本が一番好きです。

出産前から赤ちゃんとつながっている
私同様妊婦さんに是非読んでもらいたいと思いました。
産まれてくる赤ちゃんには既に耳も脳もありますよね。
赤ちゃんは、ママのお腹の中にいたころからずっと一緒、
穏やかな生活をしながら日々話しかけてあげたいと
心からそう感じさせてくれた1冊です。

出産祝いなどの贈り物としても大変良質な本だと思いました。

おぼえているよ。ママのおなかにいたときのことの詳細を見る

 <  前の記事 おんなみち 幸せ体質のつくりかた -恋愛・SEX・出産・子育て- 「おんなのみち」を自分らしく生きるためのガイド  |  トップページ  |  次の記事 出産とマヤズム  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15341

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。