Top >  産み分け関連読本 >  きもので出産!

きもので出産!

きもので出産!
きくち いま
きもので出産!
定価: ¥ 1,260
販売価格: ¥ 1,260
人気ランキング: 21020位
おすすめ度:
発売日: 2006-12-23
発売元: 河出書房新社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
きもので出産!の詳細を見る

きもので出産!を読んでみた。う~むと納得しきりである。

なんといっても、著者きくち いまの意欲が読み取れるから、ついつい読んでいってしまう。

ぐいぐいきもので出産!に引っ張られているという感じか?きもので出産!に類する本は、あんまり多く読んだことがないから比較はできないけれど、これらに類する本の中ではかなり高評価を得るんじゃなだろうか?

やっぱり著者が意欲を持って書くと、いいものが出来上がる。

きもので出産!は評価が分かれるんじゃないだろうか?読後にそんなことを思った。著者のきくち いまはそんなことはちっとも気にしていないんじゃないかと思うけれど。

きもので出産!を読んだ友人にも聞いた見たのだが、一人は「いい」と言ったが、別なひとりは「そうかな?」と首をかしげた。

試しにまた別な友人にもきもので出産!を貸してみようと思う。

さて、どんな評価が下されるか?あまり、褒められた事ではないけれど、本には読書以外の愉しみ方があるのだ。

そこまでも・・・
妊娠しても着物を着、出産後も着物。この徹底振り…。
私なんぞの、妊娠したら二部式着物で済ませようなんて
考えは甘いかもしれない。
妊娠初期、着物を着ていると妊婦に見えないので、腹巻に
タオルを入れて、電車で席を譲ってもらう方法。
お腹が大きくなってきたときの着付け方法など、ユーモアを
交えながら紹介してくれている。
しかしやはり私には自信がない…帯が結べないよきっと怖くてさ。
などと思いながら…。

しかし出産時の苦しみの中で夫に着物をねだる著者。
子どもの入学式、卒業式に着る着物を想像するあたり
その気持ちがよくわかる。

妊娠中も着物を着る、授乳中も着物を着る…あ?あ私には
自信がない。でもとても参考になりました。
私は二部式着物で
過ごすだろうけれど・・・。



きものを着たい気持ちを諦めない
 待っていました?!きものママの本。せっかく着物を着られるようになったのに妊娠や出産できもの生活を諦めた人も多い筈。無理に着る事はないけれど、授乳の仕方や帯の位置などちょっとしたコツをママ友感覚でおしゃべりするような内容。
リアルに子育てしてる作者だからこその本だと思います。私も妊娠中にこの本読んでみたかった...

きもので出産!の詳細を見る

 <  前の記事 OZ magazine Wedding (オズ マガジン ウェディング) 2008年 05月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 日経 Kids + (キッズプラス) 2007年 02月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15328

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。