Top >  産み分け関連読本 >  へなちょこ妊婦の楽ちんお産

へなちょこ妊婦の楽ちんお産

へなちょこ妊婦の楽ちんお産
喜多桐スズメ
へなちょこ妊婦の楽ちんお産
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 480501位
おすすめ度:
発売日: 2001-10
発売元: メタ・ブレーン
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
へなちょこ妊婦の楽ちんお産の詳細を見る

へなちょこ妊婦の楽ちんお産は隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でもへなちょこ妊婦の楽ちんお産を読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

へなちょこ妊婦の楽ちんお産の本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?へなちょこ妊婦の楽ちんお産はなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。へなちょこ妊婦の楽ちんお産は「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。へなちょこ妊婦の楽ちんお産はそういう本です。

へなちょこ妊婦の楽ちんお産は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。へなちょこ妊婦の楽ちんお産の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、へなちょこ妊婦の楽ちんお産はかなりお得な本になると思いますよ。

弱虫だった私が強気になれた。
初産で、痛い、孤独という経験をした私は、体も心もボロボロでした。
もうこれで子供を産むのは最後だと思っていました。体の回復は時が忘れさせてくれるけど、心の方はずっと引きずっていたのです。
初産から6年後2人目を妊娠しこの本に出会って本当のお産というものを知りました。真実がわかると気持ちも楽になるものです。
そして今では3人の子持ちです。

もう一人頑張れそう!
私は出産から半年後にこの本と出会うまで、初めての出産を思い出すだけで恐怖していました。
でも今ではもう一人といわず二人くらい欲しいな~♪なんて思えるほど回復しました。
こんな理想的な出産のスタイルもあったことを教えてくれたので、私にとっては神棚に飾っておきたいくらいの大切な本です。
もちろん私以降に子供を出産した友達にはみんなにこの本を教えてあげています。
わかりやすく読みやすく、著者の年齢や立場からも感情移入しやすい内容なのでぜひオススメです!

へなちょこ妊婦のススメ
冷たい分娩台に上がることを想像するだけでぞっとする、ましてや鼻からスイカを出すくらい出産は痛いといわれた日には、妊娠の喜びより恐怖が先立って憂鬱に。そんな怖がりの私はこの本の中に楽しいお産のコツをいっぱい見つけました。病院の都合じゃなく、赤ちゃんのためのお産って何?そんなことを考えながら読める本です。

へなちょこ妊婦の楽ちんお産の詳細を見る

 <  前の記事 月刊 クーヨン 2008年 04月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 あなたもできる自然分娩―マタニティ・ヨーガと新しい育児  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15317

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。