Top >  産み分け関連読本 >  わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
澤口 たまみ
わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
定価: ¥ 880
販売価格: ¥ 880
人気ランキング: 253696位
おすすめ度:
発売日: 2006-03-02
発売元: 福音館書店
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)の詳細を見る

たまには実家に帰って両親に顔を見せてやろうかと思う。しかし、田舎というのは超退屈なのだ。本の2~3冊は持ってかないと間が持たない。今回の帰省では「わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)」を旅の友とすることにした。

JR上野駅から宇都宮線に乗る。幸い、上野発の列車なので席は座り放題だ。さっそく「わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)」を取り出し、本の中に没入するが、馬鹿な子供が私の周囲で嬌声をあげている。いや、嬌声などという生やさしいものではない。

ここは動物園か?と言いたくなるほどの野放しぶりだ。親が見ていない隙に「わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)」の表紙の角で奴らの眉間を思いっきりヒットしてやった。

うまれてきてくれてありがとう
娘に読んであげました。
自分が産まれた時の事は気になるようで興味しんしんでした。
今度、小学校の読み聞かせでも読もうと思います。
ラストの
「うまれてきてくれてありがとう」

同じ気持ちなのでうるっときます

やさしい気持ちになれますよ
子どもにあなたが生まれたときの様子はこんなだったと説明するのに使っています。お産の様子、入院のときのこと、この絵本そっくりだったんで、
学校にも持って行かせたら、先生が、読み聞かせをしてくださいました。
時々読んで、優しい気持ちになります。赤ちゃんだったときのこと、新米母さんでたいへんだったけどとてもとても幸せだったことを思い出すと、育児ノイローゼなんて吹っ飛んじゃいますよ。

わたしのあかちゃん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)の詳細を見る

 <  前の記事 ハッピー・マタニティ―てるてる天使の妊娠出産百科  |  トップページ  |  次の記事 キティとあそぼ ! 2008年 04月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15286

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。