Top >  産み分け関連読本 >  会陰保護技術―助産師必携

会陰保護技術―助産師必携

会陰保護技術―助産師必携

会陰保護技術―助産師必携
定価: ¥ 2,100
販売価格: ¥ 2,100
人気ランキング: 140893位
おすすめ度:
発売日: 2005-02
発売元: メディカ出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
会陰保護技術―助産師必携の詳細を見る

会陰保護技術―助産師必携のことは、メールで紹介されていて知りました。
友達に紹介されて、あまり興味のなかった私ですが、読んでみて驚きました。

この本は、読みやすい上、いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。
会陰保護技術―助産師必携が「最初の一冊」になるとすれば、それはベストの選択の一つといえるんじゃないでしょうか。
それぐらい、この本はすばらしいです。
会陰保護技術―助産師必携は、健康を求めるすべての人に本書を読んでもらいたいです。
いつも手元に置いて、事あるごとに開きたい本です。

会陰保護技術―助産師必携は、このように凝縮された内容が公開されることに感謝です。会陰保護技術―助産師必携は、必読だと思います。
内容は、文章がこなれていて、大変に読みやすくわかりやすいです。
始めてからまだ日が浅いですが、効果が少しずつ出てきました。
私は、ちょっと具合が悪くなると薬箱代わりこの本を開いています。

会陰保護技術―助産師必携はこういう問題に興味のない方にこそオススメしたい傑作です!

実践的かつ理論的!!
助産師の腕により会陰保護技術には雲泥の差がある。
分娩件数をこなしていない助産師学生や新人助産師にとって、会陰保護は「理論」ではいまいち理解しにくい部分であると思うが、この本は頭の中でイメージ化できるほど、詳しく、かつヴィジュアルに訴える写真満載で会陰保護の「理論」が書かれている。理論は即実践に移せるものが多く、臨床の場において会陰保護技術を向上させるには、読むこと必須の本だと思います。

ただ、過去のペリネイタルケアの再編集版の本なので、ペリネイタルケアを購読している人は、一度、内容を確認した方が良いかと思います。

会陰保護技術―助産師必携の詳細を見る

 <  前の記事 Baby-mo (ベビモ) 2007年 11月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 日経 Kids + (キッズプラス) 2007年 12月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15262

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。