Top >  産み分け関連読本 >  子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないの

子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないの

子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないの
室井 佑月
子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないの
定価: ¥ 1,260
販売価格:
人気ランキング: 635499位
おすすめ度:
発売日: 2001-12
発売元: 飛鳥新社
発送可能時期:
子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのの詳細を見る

子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのはわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのはこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのは読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないので子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないののような本が合うのではないでしょうか?

子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのを読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのは自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのを私はオススメします。あなたの生活に子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのはきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

出産という神秘的で偉大なもの
出産体験記は女流作家(エッセイエスト)の最終兵器である。男性には逆立ちしても書けないからである。著者の経歴・性格・題名から、さぞや凄まじい内容が綴られていると期待して本書を手に取った。

しかし、書かれている内容は平均的である(私の妻の場合と比較している)。勿論、各場面での言い回しの点や、妊娠中のダンナとのセックスの様子をアケスケに書く辺りは著者らしさが出ているが、全般的に"こりゃスゲェや"という印象は受けなかった。これは著者の書き手としての力量が云々と言うより、妊娠し出産するという行為が如何に崇高かつ神秘的なものであるかという証左であろう。特異な性格で知られる著者も、読者受けする文章を書くという使命より、出産というより大きな使命に従わざるを得なかったのであろう。

"あとがき"で、妊娠中にダンナの浮気を警戒してセックスを小まめに行なっていたのに、結局ダンナが浮気(+借金)をして、出産後ダンナから捨てられたというオチがついたのには、さすがに驚いた。本来なら、作り過ぎじゃないのかぁ、とツッコミを入れたい所だが、そうさせない雰囲気が出産記にはある。そして、そんな悲惨な目に遭っても息子と一緒にいる著者は幸せそうである。母は強し。チョット変った出産体験記を読むつもりが、結局は普遍的な性と生の営みを読むハメになったが、悪い気はしなかった。

出産したこともないのに、面白かった。
本当に知りたい、出産にまつわる話が多くて面白かったと思う。

なんていうんだろうな、妊娠→出産のプロセスを知れたというか。
しかも、現実的な、庶民的な視点から。
妊娠中の親友がお喋りしているかんじですね。

別に専門的で科学的なことを知りたいわけじゃない、という人にはオススメ。妊娠という大変なプロセスを、ここまでユーモラスに書けるのは、本当にエライ!

自分で騒いでいるだけ。
文章が大袈裟、下品で読後に何が爆裂なのかわからなかった。思うように子供ができなかった事と、不摂生でも産めるって言いたいのかな?参考にもなりません。

子作り爆裂伝―産んでやろうじゃないの 育ててやろうじゃないのの詳細を見る

 <  前の記事 家族の倫理学 [現代社会の倫理を考える] (現代社会の倫理を考える 第 14巻)  |  トップページ  |  次の記事 AERA with Baby (アエラウィズベイビー) 2008年春号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15174

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。