Top >  産み分け関連読本 >  少子 (講談社文庫)

少子 (講談社文庫)

少子 (講談社文庫)
酒井 順子
少子 (講談社文庫)
定価: ¥ 490
販売価格: ¥ 490
人気ランキング: 158127位
おすすめ度:
発売日: 2003-12
発売元: 講談社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
少子 (講談社文庫)の詳細を見る

しっかし、なんでこうウチの会社の社長はバカなのかね~~(-_-メ)。
あーゆう人間に下で働いてるのかと思うと自分の人生に意味を見いだす気も起こらなくなるね。

ま、こーゆう時は、酒井 順子の本を読んで、心を落ち着けるに限るね。
今は「少子 (講談社文庫)」というのを読んでるとこなんだけど、ちょうど今の自分と同じような境遇のヤツが出てきて、なんだかシンパシーを覚えるね。

少子 (講談社文庫)・・・なんっつうタイトルなんで、最初は(個人的には)「あんま、パッとしないかな」とか思ってたんだけど、これ全然スゴイ!
もう、スイマセンでした!!!!って感じだね。少子 (講談社文庫) サイコーっす。

責任が無い故に真実の一端を突く
 少子化が問題だと叫ばれる中「産まない側」の一部に属している著者の
「何故、女性は産まないのか?」という理由をつづったエッセー。

 「私達」や「同じ世代」という括りは気になりましたがここで述べられて
いる理由は(対象者は一部とは言え)核心をついているのです。

 ただ、それがあまりに現実世界の常識と比べた場合、軽蔑の眼差しを
受けても致し方無い理由なので口には出せないのです。
(ここで書くのも憚られる)

 お気楽な且つ責任の無い立場故の発言ですが、そういう言葉こそ真実の
一端を突いている、といっても大袈裟では無いでしょう。

この作品・・・
面白いという噂を聞き、早速読んでみたが、「少子」になる原因には自分にも思い当たるふしがあると感じたので共感出来たし、対策には、妙に納得させられた案もあった。(特に、戦争をやってみる、の項目には同感。途中、涙が出そうになった)私も未婚、子ナシなのだが、自分がなぜ結婚出来ないかも、この作品を読んでいると、少しだけ明らかにされてきた気がする。

子供が欲しい・欲しくないにかかわらず読むべき本!
いやー、似たような人って世の中に結構いるんですね。
この本は、まるで自分が書いたかのようです。

子供を「ナマモノ」と表現してるところ(子供はイキモノだから一度産んだら捨てるわけにはいかない)、こんなに文明が発達してるのだから、自動肛門洗い機(ウォッシュレット)同様、自動子供育て機がないのかといった話も面白い。とにかく著者のユーモラスな語り口が楽しく、友人と語っているような感覚で読めた。

また著者の周りの出産経験者の声が興味深い。出産は「生理通の3000倍の痛み」「膣が亀裂した」「10時間もかかる難産だった」など、ここまでしてなぜ産む???と思わざるを得ないような
ものばかりで、改めて私は「子供が欲しくない!」と思ったのであった。

少子 (講談社文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 夫のための男女児生み分け法―成功率81%の驚異 (講談社プラスアルファ新書)  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15109

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。