Top >  産み分け関連読本 >  精子戦争―性行動の謎を解く

精子戦争―性行動の謎を解く

精子戦争―性行動の謎を解く
ロビン ベイカー
精子戦争―性行動の謎を解く
定価: ¥ 2,310
販売価格: ¥ 2,310
人気ランキング: 193952位
おすすめ度:
発売日: 1997-06
発売元: 河出書房新社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
精子戦争―性行動の謎を解くの詳細を見る

おいおいおい、ちょっと頼むよ~~。。。
「精子戦争―性行動の謎を解く」みたいな本を100円コーナーに置いておくんじゃね~よ~。
・・・と、今回はいきなりブックオフの100円コーナーにキレてみました。

しかも、よくよく見れば、精子戦争―性行動の謎を解くの他にも、精子戦争―性行動の謎を解くの続編みたいなのとか、ロビン ベイカー関連の書籍が投げ売り状態に・・・!

・・・っったくアイツ等ふざけやがって~~。
だいたいにして「いらっしゃいませ、こんにちは~」ってゆう、心が微塵もこもってない、ただ言わされてるだけのセリフを聞いてるだけでサツイがこみ上げてくるぜ(-_-メ)

おもしろい
自分の考えにマッチする本だ。
ドーキンスの論とミーム学に関心を寄せている私にとって大変頭の整理に役立った。愛、恋の観念のベールをはがせば、やはりこういうことだったのかということになる。
人間至上主義者の観念論を飛ばす、論拠となりえる本だろう。(性行動において)

生命の主役は女性だと理解することになる
所詮男性は性として「脇役」に過ぎないと言うことを再認識させられる本。社会表面上は男性主体社会であっても、生命(生殖)レベルでは女性がいかに主役を演じているかということを知らされる本である。それを理解したあとで、女性に尊敬の念を持って接することができれば、男としての価値も上がり、この本を読んだ価値もあると言えるかもしれない。読んで見る価値はある。どう読みこなすかは読者しだい。

無意識下でも性機能は複雑に働いているそうだ
学者さんの文章なので、論文調子が強かったのが少し気になりました。
そもそもこの本の前提として、いかに自分の遺伝子を後世に多く残すか、
これが受精戦争という戦いのメカニズムでの勝利を示すという価値に基づいています。(生物学上の価値感として)
各ケーススタディを総括すると、男女ともにその時期の継続的性行動、その日の
出来事、生殖に対する身体的な準備の出来具合い、などの要素から、われわれの
見えないところで身体の各機関はより優秀な自分の子孫を後世に残すために、
あらゆる工夫を行っている、ということ。
また受精につながらない性行動も全て子孫繁栄のためにいろんな意味がある、と
いうことを身体の器官の動きから解説しています。
論文の結論付けとして、配偶者以外ともうけることのできる子供を、子孫繁栄戦
略の成功結果として、評価していたりします。
過去の経験と照らし合わせると、確かに個別の細かいシーンでは、
「あぁ、そういう遺伝子プログラムでああいった、説明できない感情になってい
たんだ。。。。」といった検証っぽい発見はいくつかありました。
でもそれは雑学レベルのもので、やはり学術論文ですからどうにもとっつきにく
さは残ります。科学的実験と検証に基づいているので、説得力はあるし、嘘やでっ
ちあげも無いだろうな、とは思うのですが。。。
知識としては「なるほど」でした。知らなかったことも多かったので、勉強になりました。
この辺の周辺知識について興味がある方は読んでみても良いのではないでしょうか。特に自分の男女の価値観について大きな啓蒙をしてくれる、と言う本ではないのでその点はご注意を。
あくまでも科学的な事実を説明している本です。

精子戦争―性行動の謎を解くの詳細を見る

 <  前の記事 イブの出産、アダムの誕生―お産を愛する人たちが語るもうひとつの出産 (人間選書)  |  トップページ  |  次の記事 たまひよこっこクラブ 2007年 04月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15086

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。