Top >  産み分け関連読本 >  おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージ

おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージ

おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージ
森本 義晴
おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージ
定価: ¥ 1,155
販売価格:
人気ランキング: 421057位
おすすめ度:
発売日: 2003-02
発売元: PHP研究所
発送可能時期:
おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージの詳細を見る

おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージ(-_-)。
正直、最初はあんまし期待してなかった。
タイトルも「おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージ」なんて感じで、個人的にはイマイチ、ピンと来なかったし、装丁もショボイしで・・・。

でも、本って、やっぱ見た目じゃないんだよね。
おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージを読んでると、ノウハウの影にドラマあり・・・ぃゃ、ドラマを追っていくと、ビックリノウハウ有り・・・って感じで圧倒されっぱなしっすわ。

[U()]の本は昔から好きだったけど、ここ数年は本をあまり読む暇なかったなぁ。これからは、なるべく時間を作って色々読んでみるつもりです。

幸せな気分に…
とにかく読みやすかった。文字も大きいし文章も平易で分かりやすく、内容も読み進んでいくうちに幸せな気分にしてくれます。
何より赤ちゃんの気持ちを考えるなんて発想、今までにしたこともなかった。
それだけでも斬新で、まんがで描かれた赤ちゃんの言葉に胸を打たれてしまいました。
お腹の赤ちゃんを励ましながら出産に臨むということは、プレ母になるんだということが実感できました。
難を言うなら本が薄いことかな。

赤ちゃんとの幸せな関係
赤ちゃんにとって、出産とはどんな体験なのだろう?
そのことに対するひとつの回答がこの本なのだと思いました。
妊娠中も外の音を聞いている、様々な認識が可能であるとはいわれている胎児ですが、その後の影響もあわせて書いてある点が興味深かったです。胎教すると夜泣きが少ないという統計は面白いと思いました。今からの努力で、お互いいい関係が築けるなら素敵なことだと思います。現在妊娠中なので、参考にしていきたいですね。

おなかの赤ちゃんにタッチしようよ―“しあわせな出産”を迎えるための胎児からのメッセージの詳細を見る

 <  前の記事 だきしめてスローラブ―ゆるやかにしなやかに男と女の性と愛  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15084

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。