Top >  産み分け関連読本 >  妊婦は太っちゃいけないの?

妊婦は太っちゃいけないの?

妊婦は太っちゃいけないの?
高島 系子
妊婦は太っちゃいけないの?
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 60582位
おすすめ度:
発売日: 2004-08-11
発売元: 新潮社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
妊婦は太っちゃいけないの?の詳細を見る

妊婦は太っちゃいけないの?は隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でも妊婦は太っちゃいけないの?を読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

妊婦は太っちゃいけないの?の本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?妊婦は太っちゃいけないの?はなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。妊婦は太っちゃいけないの?は「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。妊婦は太っちゃいけないの?はそういう本です。

妊婦は太っちゃいけないの?は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。妊婦は太っちゃいけないの?の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、妊婦は太っちゃいけないの?はかなりお得な本になると思いますよ。

そりゃ、太っちゃだめだと思います。
太ってもよさげなことを期待させますが、
そんな優しい本ではないです。
ただ西洋医学的なウエイトコントロールに対して、
少しばかり東洋医学的なエッセンスを加えた本です。
ただ従来の本を読みなれていると、
考え方でこうも違うんだと新鮮な驚きが得られます。

経験からも納得
現在三人目を妊娠中です。妊娠中タイプの違う風邪をひくこと、出産直後の寒気など、経験したことの理由が分かり納得!ぜひ多くの妊婦さんとその周囲の人に読んで欲しい本です。妊娠している体のいたわり方がわかります。

これが私の知りたいことだった!
今回の出産前に、この本に出合えなかったことがとても残念です。通常の産院は西洋医学の医師の考えで、管理されています。検診時、医師に「なんか変わったことある?」と聞かれ、「腰の痛みがひどいんで。」「夜、こむら返りがして何度も目がさめるんです。」と言っても、「あ?、よくあるんだよね。」と言うだけ。そして、1ヶ月に1キロ体重が増えても「増えすぎ!!」と言われてしまう。(「これ以上増えたら、総合病院にまわってもらうよ」と言われた人もいました)
いろんな不快症状には、それぞれ意味があって起こっている・・これが私の知りたいことでした。

妊婦は太っちゃいけないの?の詳細を見る

 <  前の記事 新ご出産 まるごと体験コミック3 (ゴマ文庫 まるごと体験コミック 3)  |  トップページ  |  次の記事 板尾日記3  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15074

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。