Top >  産み分け関連読本 >  日本で不妊治療を受けるということ

日本で不妊治療を受けるということ

日本で不妊治療を受けるということ
まさの あつこ
日本で不妊治療を受けるということ
定価: ¥ 1,785
販売価格: ¥ 1,785
人気ランキング: 354797位
おすすめ度:
発売日: 2004-09
発売元: 岩波書店
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
日本で不妊治療を受けるということの詳細を見る

先日日本で不妊治療を受けるということという本に出会いました。日本で不妊治療を受けるということはちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この日本で不妊治療を受けるということを読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも日本で不妊治療を受けるということを読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

日本で不妊治療を受けるということは、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、日本で不妊治療を受けるということは読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから日本で不妊治療を受けるということはとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。日本で不妊治療を受けるということは良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

いつか子どもを持とうかなと思う人におすすめです
子どもを(物質的に)持つことがいかにむずかしいかわかりました。体当たりの記録と地道な取材に頭が下がります。

勇気が湧く本
 不妊治療をはじめた半年間は原因検索が主で、治療の先行きが見えないゆえ不安が強い。そんなとき、本書に出会った。
 著者の体験は、生きたモデルとして参考になる。とりわけ、著者の感情を描写した部分は、心に染み入る。医師とのコミュニケーションの取り方は、とても参考になる。
 後半は、日本における不妊治療のネガティブな側面について触れている。コインの表裏があるように、どちらも知ることで、不妊治療における自由意志を持つことができると感じた。治療を受けるのに必要な勇気が、沸々と音を立てて湧いてくるような印象を受けた。

支えあう社会へ
 妊娠にまつわるさまざまな事柄は、自分にとってもパートナーにとっても、もっともプライベートな事柄に関わるだけに、なかなかオープンに語り合うことが難しいテーマだ。
 出産を終えてしまった女性の多くは、必要以上にあけすけになってしまったりもするものだけれど、その一歩手前の段階で悩んでいる女性の多くは、悩みを打ち明け合う仲間にもなかなか出会えず、一人孤独に苦しむことになりがちだ。 多くの女性にとって、匿名で悩みを打ち明けあえるインターネットサイトの存在や本書は孤独な気持ちから抜け出すための、確かな足がかりになるのではないだろうか。 
 また、本書は核家族、少子高齢化の進む現代社会において「病院」が担う役割が多岐にわたりつつあることをも示唆している。 ことに、「情報」を患者といかに共有し、本人にとって好ましい人生を考え、支えていくには医療関係者がどのように患者に接し行動すべきであるかということ。また、医療現場と連携し、患者をサポートする機関が必要とされていることを痛感させられる。 「忍耐」を美徳とする日本においては、妊婦ですら、しばしば必要以上の「忍耐」を強いられる。その一歩手前で悩んでいる女性については、さらに言葉にすることの難しい様々な心理的、身体的なプレッシャーがのしかかっている。自分の経験を書きとめ、公にすることで、そのプレッシャーと向き合い、一冊の本を産みだした著者と著者のパートナーを心から尊敬する。

日本で不妊治療を受けるということの詳細を見る

 <  前の記事 不妊治療 食事と生活改善  |  トップページ  |  次の記事 ウェディングスタイル広島 2008夏号  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15065

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。