Top >  産み分け関連読本 >  やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記

やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記

やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記
田口 早桐
やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 126061位
おすすめ度:
発売日: 2006-06
発売元: 集英社インターナショナル
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記の詳細を見る

やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記は同じような種類の本と是非見比べてみてください。いろいろ見比べても最後にはきっとこのやっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記を手に取っていることでしょう。

本に求めている内容は人によって違いますが、やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記にはほとんどの人が求めていることがわかりやすく書かれています。読みやすく見やすいこともやっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記の特徴ですね。

もし同じことに興味を持っている人がいたなら、あなたもこのやっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記を紹介したくなると思いますね。

やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記は一読の値打ちがありますよ。

何かぐいぐい引き込まれるというか、やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記という作品に地力があるのか、
私は自分で思ってたより、引き込まれてしまいましたね。

まあこの作品には色々な意見がるようなんですが、
私の周囲ではやっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記っていいよ!って意見が結構多いんです。

でも、何も反応が無いような作品より、こんな風に様々な意見があること自体がこの作品の力なんじゃないかな?と私は思ったりするんです。

おもしろくて、役に立つ

体外受精について、悩んでる方におすすめ★★★★★
あたしも頑張ろう!という気持ちにしてくれます。
患者さんの立場と医療者の立場、両方から 
すごくわかりやすく書いてくれてます。
夫婦で読むべき一冊です。

個人的で科学的!
自分で自分の卵子に顕微授精したひとなんて、あまりいないんだろうなぁと思うけれど。不妊治療のお医者さんの治療体験記。

皮肉なのか幸運なのか、不妊治療を専門にしていたら、自分が不妊を体験。彼女の場合は、夫の精子の問題だったけれど、お医者さんは自分の研究している病気にかかりやすいらしい。なぜなら、ウィルスでうつる病気は多いから、っていうあたりでは、うーーーん、とうなった。

やっぱりお医者さんが書いているだけあって、科学的で面白い。その一方で、若く見えるひとのほうが、卵巣も若いと漠然と思っていたとか、あまり表立っていえないお医者さんの思い込み(?)がもらしてあって、これまた面白い。

お医者さんである夫の不妊治療への協力は、あまり積極的でもなく、そのあたりは普通のひとの治療体験とかぶるのかもしれない。

個人的でもあって、また科学的。お勧めです。


元気をくれるユーモア・エッセイ
 不妊治療専門医が、自分も不妊になってしまったというお話です。

 病気の本というと、どうしても深刻になりがちですが、予想に反して軽妙なタッチで、純粋にエッセイとしても面白く、吹き出してしまう箇所がいくつもあります。不妊に関係ない方にも、おすすめできるユーモア・エッセイです。

 もちろん、読み進んでいくうちに、自然と不妊治療の知識が身に付くようになっています。特に、筆者の常に前向きな姿勢には好感がもて、不妊患者にとっては、元気をもらえる一冊だと思います。

やっぱり子どもがほしい!―産婦人科医の不妊治療体験記の詳細を見る

 <  前の記事 日経 Kids + (キッズプラス) 2006年 09月号 [雑誌]  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15034

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。