Top >  産み分け関連読本 >  危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産

危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産

危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産
遠藤 直哉
危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産
定価: ¥ 1,575
販売価格:
人気ランキング: 527280位
おすすめ度:
発売日: 2004-07
発売元: 近代文芸社
発送可能時期:
危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産の詳細を見る

最近、風呂場ん中で読書をするというのにハマっている。
湿気で本がフニャフニャになるのだが、ま、あまり気にしないことにしている。

昨日から「危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産」を読み始めた。正直、私は後悔している。
こんな良い本を風呂場とかで読むのは罰当たりだという気がしている。

危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産の中にでてくる、ある言葉は私を幼少の時分へとタイムトリップさせてくれる。

誰の心の中にもある風景。「危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産」の中にはそれがあるような気がする。とりあえず表紙がフニャフニャになってしまったので、もう一冊買うかも知れない。

実は凄い差別論者なのでは?
着床前診断については全面否定ではなく、頷ける部分も大いにあったが、後半の卵子提供、代理懐胎に至っては、はっきり言って筆者の暴走に思えてならない。

まず「精子提供(AID)を認めながら卵子提供も代理懐胎も認めようとしないのは女性不妊に対する差別である」
とあるが、そもそも体外へ放出する性質のある精子と放出させない卵子とでは当然リスクも違ってくる。万一の場合は死に至る事もありえる卵子提供や代理懐胎を精子提供と同列に扱え!と言う方が余程、女性の身体の構造を無視した差別論ではないのか?

挙句は
「親から虐待受ける子や生みの親と引き裂かれる養子と比較すればはるかに幸せなら、離婚率の増加、出来ちゃった結婚など明らかに子供の福祉が守られてない現状を思えば、そこまで子を欲する人の下に生まれた子は誰より幸福」
代理懐胎だって必死な思いで産み落とした子をDNAの繋がりが無いだけで、無理やり引き剥がされる。しかも筆者は代理懐胎の場合、依頼者側を実親とすべきと主張している。無償で他人の子を産む為に生活制限を余儀なくされ、あげくは命がけで産み落とすや否や、その事実を帳消しにされる。養子の場合は特別養子であっても出自欄に実親名が記載されるが、それ以上に性質が悪い。

「昔の日本は”子無きは去れ”と一方的に女性が帰されたが、これからの日本社会は精子提供、卵子提供、代理懐胎等で子が持て離婚の危機を救える」
子供が産めなかっただけで離婚の危機に晒される方が問題ではないのか?

筆者は事ある毎に日本国憲法13条「幸福の追求」を掲げて卵子提供、代理懐胎の容認を訴えるが、だったら搾取される側にだって「幸福の追求権」はあるのではないのか?

しかも海外で代理懐胎を行うとなると金銭絡みになるので無償で、なおかつ依頼しやすい身内を優先すべきなどと言われては、卵子提供も代理母もやりたくないのに身内から脅迫され、逃げ場を失った女性は幸福になる権利は無いと言うのか?
読んでいて気分が悪くなった。


日本の生殖医療に関する議論
日本の生殖医療についての議論は、15年は遅れている。何故そんなに遅れたのか、どこに論点があるのか、といった事を明快に提起してくれている。
少子化対策を立てていく上で、避けて通れない問題について解り易く、今現在起こっている事を取り上げて議論されており、一読の価値がある。
惜しむらくは、筆者に対する反対意見が十分に書かれていない事である。

危機にある生殖医療への提言―ジェンダーバラエティー・着床前診断・精子卵子提供・代理出産の詳細を見る

 <  前の記事 母性看護学 (1)  |  トップページ  |  次の記事 日経 Kids + (キッズプラス) 2007年 09月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15024

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。