Top >  産み分け関連読本 >  フィーリング・バース―心と体で感じるお産

フィーリング・バース―心と体で感じるお産

フィーリング・バース―心と体で感じるお産
矢島 床子
フィーリング・バース―心と体で感じるお産
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 118875位
おすすめ度:
発売日: 2007-01
発売元: バジリコ
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
フィーリング・バース―心と体で感じるお産の詳細を見る

水を飲むのが好きだ。
年々、一日あたりに水を飲む量が増えている。

矢島 床子の「フィーリング・バース―心と体で感じるお産」が好きだ。眠い目をこすりつつ明け方近くまで読んで、今日は思いッきり遅刻した。だが、水と「フィーリング・バース―心と体で感じるお産」は止められない。

遅刻したのに性懲りもなく、上司が見ていない隙を突いて水を飲み、「フィーリング・バース―心と体で感じるお産」のページをめくる。

きのこの山とタケノコの里も好きだ。どちらかというとタケノコの里の方が若干、好き度は上だ。

今日は家に帰ったら、思う存分、タケノコの里を食べ、「フィーリング・バース―心と体で感じるお産」を読みながら、水をガブ飲みしてやろうと思う。
はやく仕事終わらないかな~~・・・。

お産の日のお守りにしたい
文章、写真ともにすばらしいです。
来春の自分のお産が始まる直前にも、お守り代わりに再読したい。

感動しました。
発売後すぐに興味を持って読みました。
写真と共に紹介されている、矢島助産院で出産された皆さんの感想抜粋ページは涙無しでは読めませんでした。今月出産予定の友達にも渡しました。だってあれを読んでいると「出産はコワい・痛い」ってイメージが飛んで、「出産は素敵・感動を与えてくれるもの」と思えるんです。
私もこれから出産予定なので、尚更感動し勇気付けられたのかもしれません。私と同じく、これから出産される方にぜひ読んでいただきたいです。

お産=病院、と当たり前に思っている人へ
病院での医療主導ではない、母と赤ちゃんに寄り添った、こんなにあたたかな助産院でのお産がここにある。妊娠したばかりの人、子供を持ちたいと考えているカップルに是非読んでいただきたい本です。お産に本当に必要なものって何か、考えさせられます。自然分娩至上主義のような、押しつけの堅苦しさもありません。著者のベテラン助産婦である矢島さんご本人が、育児で悩んだ方。だから女性の心に沿ったケアができるのだと思いました。前半のお母さんたちの声をもっと沢山読みたかったので、☆5つにしたいところ一つ減らしました。

フィーリング・バース―心と体で感じるお産の詳細を見る

 <  前の記事 別冊 PHP 2007年 10月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 ゼクシィ 福岡・佐賀版 2008年 04月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15019

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。