Top >  産み分け関連読本 >  妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピー

妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピー

妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピー
宮原 英二
妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピー
定価: ¥ 2,730
販売価格: ¥ 2,730
人気ランキング: 100134位
おすすめ度:
発売日: 2003-07
発売元: フレグランスジャーナル社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピーの詳細を見る

妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピー(-_-)。
正直、最初はあんまし期待してなかった。
タイトルも「妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピー」なんて感じで、個人的にはイマイチ、ピンと来なかったし、装丁もショボイしで・・・。

でも、本って、やっぱ見た目じゃないんだよね。
妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピーを読んでると、ノウハウの影にドラマあり・・・ぃゃ、ドラマを追っていくと、ビックリノウハウ有り・・・って感じで圧倒されっぱなしっすわ。

[U()]の本は昔から好きだったけど、ここ数年は本をあまり読む暇なかったなぁ。これからは、なるべく時間を作って色々読んでみるつもりです。

初心者には難しいです
医学の専門の方やセラピストとして仕事に活かす方にはいいと思います。
歴史や医学的なことが多く、初心者の方には難しすぎる一冊です。

中身はほとんどが文字で、イラストも雑で写真もあまりきれいでは有りません。
精油の説明も1項目毎に1ページになっておらず、
ページの途中から始まったり次ページにまたがったりと見ずらいです。
専門の方以外には、あまりお奨めできません。

セラピストを目指すなら
今までのアロマセラピー書籍関連ではあまり触れられていていない精油と薬の相互作用などについても少し記述があります。
妊産婦のケアに沿った専門的な内容が多くありますが、精油の化学やアロマセラピーの解剖学、生理学、精油とキャリアオイルの説明などもあり、全般にうまくまとまっています。
セラピストを目指す人には興味深く読める一冊だと思います。

必要な本でした
助産婦や妊婦さんのためのアロマセラピーを施す専門職に就く人にとって、必要な一冊だと思います。
また妊娠中にアロマセラピーを利用したり楽しみたいという方も、正しい知識を得るために一読するべきではないか・・とは思います。が、ちょっと内容がとっつきにくいかも・・。
ここまで詳しく、一冊にまとめられたものは今まで見あたらず、助かりました。私には探していた一冊です。

妊娠と出産のためのクリニカル・アロマセラピーの詳細を見る

 <  前の記事 Komachi Wedding2007秋号  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/14988

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。