Top >  産み分け関連読本 >  無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?

無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?

無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?
小林 みちこ
無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?
定価: ¥ 998
販売価格: ¥ 998
人気ランキング: 173736位
おすすめ度:
発売日: 2004-01
発売元: メディアート出版
発送可能時期: 通常2~3日以内に発送
無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?の詳細を見る

最近、風呂場ん中で読書をするというのにハマっている。
湿気で本がフニャフニャになるのだが、ま、あまり気にしないことにしている。

昨日から「無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?」を読み始めた。正直、私は後悔している。
こんな良い本を風呂場とかで読むのは罰当たりだという気がしている。

無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?の中にでてくる、ある言葉は私を幼少の時分へとタイムトリップさせてくれる。

誰の心の中にもある風景。「無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?」の中にはそれがあるような気がする。とりあえず表紙がフニャフニャになってしまったので、もう一冊買うかも知れない。

無駄
「まるわかり」という題名のわりに情報量が少ない。
この程度の情報であれば、インターネットで入手できると思う。
それが面倒だと言う人には良いと思う。

ただ、自分自身が無痛分娩を経験して「無痛分娩はたいした事じゃない」と感じたので、
そもそも、厚い本を書くほどの内容は存在しないのかもしれない。

それより、日本では実施している施設を探すことの方がタイヘンだったりするが、
その情報源としてもあまり役に立たなかった。


内容希薄
第2子出産を控えて、この本を購入。無痛分娩のことはざっとネットなどで調べていたので、もうちょっと掘り下げた情報を求めていたのになんか内容希薄。いわゆる無痛分娩に関する知識が皆無の人が取っ掛かりに読むのはいいかもしれないけど、無痛分娩を真剣に検討していて参考になる本を探している人にはまったく物足りない。しかも著者は物書きのプロでもなく、医療のプロでもなく(本業は歯医者さん)、無痛分娩の経験があるわけでもない人でまったくの素人本。雑誌みたいに軽く読めるのがとりえ。

無痛分娩マルわかりBOOK―わがママ出産!?の詳細を見る

 <  前の記事 新生児重症仮死―それでも我が子は百十三日生き抜いた  |  トップページ  |  次の記事 FQ JAPAN (エフキュージャパン) 2007年 04月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15252

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。