Top >  産み分け関連読本 >  幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたち

幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたち

幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたち
いそ みきよ
幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたち
定価: ¥ 1,470
販売価格:
人気ランキング: 65380位
おすすめ度:
発売日: 2001-07-01
発売元: 主婦の友社
発送可能時期:
幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちの詳細を見る

先日幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちという本に出会いました。幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちはちょっと素敵な本だと思います。この本の内容は本の分野にとどまらずいろいろなところに結びついていくと思うからです。

この幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちを読むと自分の中のいろいろなことがつながって、本の内容だけのものではなく、ほかの事も得られるようなお得感が味わえます。まぁあなたの何にこの本の内容がつながっていくかは私にわかりません。

でも幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちを読むとあなたの頭の世界は必ず動き出しますよ。

幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちは、も1ついうなら面白い本です。わかりやすくて面白いんで、幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちは読んでいて楽しい本です。読むのが楽しいので頭に残ります。

読んでもすぐに忘れちゃうんなら時間がもったいないし、お金ももったいないですよね。だから幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちはとってもお得な本だと思っています。

自分の役に立った本は愛着も持てます。本も大事にされますよね。幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちは良いことばかりの本だと私は思っています。ご一読、おすすめの本です。

初心者にはキツイ
最初は「可愛い♪」と思いながら眺めていたんですが、
いざ作ろうとすると最初の一歩でつまずいてしまいました。
写真付きで説明されているカバーオールですら、手順1の
前端のぬいしろ裏に接着テープを?云々、の部分で「???」でした。
コンビ肌着だけ、四苦八苦しながら何とか作れましたが、初心者には難しいと思います。
それに、眺めてる分には本当に可愛いのですが、どれもリボンやアップリケなど
いらないような飾りがたくさんついているので、作るのが面倒そうです。
赤ちゃんなんてゴロゴロ動くのに、立体的なマスコットなんて、邪魔じゃないのかな・・・。
私が買った中で他の本には載っていなかったコンビ肌着があったのは、重宝しました。


びびりました
赤ちゃんはもっと脱ぎ着しやすいものでなきゃだめ。着せるほうも着せにくいです。どれもこれもフリルがついてて、しかも手縫いで、「こんなことが手縫いでできるんだ」と感心する反面「ここまでしなくてもいいんじゃ?」という疑問がふつふつ。
作るほうの自己満足度は高いと思います。
それが愛情かどうかはまた別のお話。

こういう赤ちゃん服もありだと思いますが、私はユニクロベビーで十分です。動きやすそうでシンプルで、良くできてますよ。

沢山つくれました。
10年ぐらいお裁縫から遠ざかっていましたが、
ここのレビューを見て思い切って買ってみました。
本に掲載されている布地通りのものは使わなかったけど
セレモニードレス、肌着、ロンパースなど
沢山作ることができました。
特に、セレモニードレスはホントに可愛い♪
良い記念になりました。
ドレスはまた次の子にも作ってあげるつもりです。

幸せベビーの手ぬい服―50~80cm、出産準備のマストアイテムたちの詳細を見る

 <  前の記事 月刊 クーヨン 2008年 05月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 神経衰弱ギリギリの妊婦たちへ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15099

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。