Top >  産み分け関連読本 >  産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語

産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語

産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語
井上 理津子
産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語
定価: ¥ 1,631
販売価格:
人気ランキング: 587490位
おすすめ度:
発売日: 1996-01
発売元: 筑摩書房
発送可能時期:
産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語の詳細を見る

ふぁ~。風呂から出て、寝るまでの間に本を読むのが私のささやかな楽しみです。最近読んでるのは「産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語」。

最初はとっつきにくいかな~~と思ってたけど、文体が結構好きな感じで結構読みやすいです。

井上 理津子の本は産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語意外にも色々あるけど、私は産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語が一番好きかな^^!

あと、最近は漬け物にもハマってます。子供の頃はしば漬けが好きで、しば漬けばっかり2ヶ月くらい食べ続けて入院してからは一切食べなくなったけど、最近また食べてみたら、再び漬け物中毒になりました。

さて、今日はもう寝ます。

あるお産婆さんの一代記
前田たまゑさんという方の産婆経験を本にしたものです。戦前からの日本での出産の変遷をかいまみることができます。自宅で出産したのが普通だった時代から、戦後、病院出産が普通に代わり、ラマーズ法が普及するころまで、かなりの幅があるお産の風景。日本ではこんな風にお産が変わっていったんだなぁ、と女性の歴史の一端をかいまみた気がしました。「どうして日本のお産はこんな感じなんだろう?」という疑問がある方は、読んでみると背景がわかって興味深いかと思います。

産婆さん、50年やりました―前田たまゑ物語の詳細を見る

 <  前の記事 たまごクラブ 2007年 08月号 [雑誌]  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15313

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。