Top >  産み分け関連読本 >  45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記

45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記

45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記
久美 沙織
45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記
定価: ¥ 1,365
販売価格: ¥ 1,365
人気ランキング: 74432位
おすすめ度:
発売日: 2005-06
発売元: メディアファクトリー
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記の詳細を見る

水を飲むのが好きだ。
年々、一日あたりに水を飲む量が増えている。

久美 沙織の「45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記」が好きだ。眠い目をこすりつつ明け方近くまで読んで、今日は思いッきり遅刻した。だが、水と「45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記」は止められない。

遅刻したのに性懲りもなく、上司が見ていない隙を突いて水を飲み、「45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記」のページをめくる。

きのこの山とタケノコの里も好きだ。どちらかというとタケノコの里の方が若干、好き度は上だ。

今日は家に帰ったら、思う存分、タケノコの里を食べ、「45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記」を読みながら、水をガブ飲みしてやろうと思う。
はやく仕事終わらないかな~~・・・。

おもしろかった
高齢出産といえば「不妊治療」「緊張」「トラブル」等が頭に浮かびがちで、偏見を持っていた私にとって目からうろこが落ちた一冊だった。
自然体での妊娠生活が良かった。
おなかの子に夢中!!って感じの妊婦本は多いけど、冷静な所や、妊婦は特別なのよっ!感がないのもとても好感が持てた。
これから子供を産む方にはお勧め。

45歳、もう生んでもいいかしら?―わがままノロマ マル高オロオロ出産記の詳細を見る

 <  前の記事 カラーイラストでわかりやすいマタニティ・ヨーガ―赤ちゃんとお母さんに健康と幸せをもたらすガイド (ガイアブックス)  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15046

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。