Top >  産み分け関連読本 >  4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK

4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK

4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK
ムギ畑
4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK
定価: ¥ 1,260
販売価格: ¥ 1,260
人気ランキング: 3484位
おすすめ度:
発売日: 2006-10-26
発売元: 講談社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOKの詳細を見る

水を飲むのが好きだ。
年々、一日あたりに水を飲む量が増えている。

ムギ畑の「4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK」が好きだ。眠い目をこすりつつ明け方近くまで読んで、今日は思いッきり遅刻した。だが、水と「4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK」は止められない。

遅刻したのに性懲りもなく、上司が見ていない隙を突いて水を飲み、「4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK」のページをめくる。

きのこの山とタケノコの里も好きだ。どちらかというとタケノコの里の方が若干、好き度は上だ。

今日は家に帰ったら、思う存分、タケノコの里を食べ、「4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOK」を読みながら、水をガブ飲みしてやろうと思う。
はやく仕事終わらないかな~~・・・。

女に生まれてよかった
子供を産むと、ライフスタイルが変わります。収入・スタイル・やりがいのある仕事、全部を手放さなくてはならないかのように思いこみ、10年以上、子供を産むのをためらっていた私。もともと、子供も嫌いでした。
確かに失うものもあります。でも、新しく得たものの、すばらしさ、かけがえのなさといったら!!! あのまま産まずに人生終えてたら、めちゃくちゃにもったいなかったと思います。子供嫌いだった私が、今はメロメロ母。日々、癒されてます。
仕事が人生を豊かにしてくれるように、子供も人生を豊かにしてくれます。
そして、子育てを通して得られる忍耐力とか、複数のハプニングに臨機応変に対応
する問題処理能力とか、情愛を通して培われる包容力とか、などが人間の幅を広げるのか、仕事の評価も、出産前よりグンとアップしました。
もちろん、子供の病気とか、発達のこととか、預け先の不足の問題とか、ピンチの
連続で、ワーキングマザーの道のりは決して平坦ではないのですが、(それをどう
乗り越えてゆくかというヒントや具体的なアドバイスが本書に満載です)
だからこそ、「生きている」って感じなんですよね。
表紙の「こんな苦労が男にできるか馬鹿野郎」そして、「人生は女の方が絶対たのしい」の逆説的メッセージが利いてます。「こんな苦労と喜び・楽しみ」を女の
特権にしとくのはもったいない、是非、男性の皆様も参加して、山あり谷ありの
スリリングで楽しくハッピーな子供のいる社会人としての生活を楽しんでください。人生、2倍、お得です。

買って損なし
若手と話していると、子どもを持ったら何も出来なくなると思いこんでいる人が多いのに驚かされる。女性は「仕事ができなくなる」「子育てとの両立は難しい」「自分の時間がなくなる」そして「海外旅行も行けなくなる」「実家の助けがなければ無理」・・・男性は「妻が大変そう」「保育園なんて可哀相すぎる」などなど。

これを読むと、それってとってももったいないことをしている、と言うのがわかる。仕事?しています。子育て?育っている。家事?一人で抱え込まない。海外旅行?毎年行っています。パート、派遣、フリー、自営、そしてもちろん正社員。どんな働き方でもワーキングマザーは「濃い??」人生を送っているんだと、元気が出て来る本です。

ありのままのワーキングマザーが分かる、元気づけられる
私はワーキングマザーで、今までワーキングマザーに関する本をいろいろ読んできましたが、
この本ほどありのままの飾らないワーキングマザーの本音が書かれている本はないと感じました。
嬉しかったこと、辛かったこと、自分自身が感じたり思ったりしたことに近い出来事が書か
れており、「私だけじゃないんだ」と力づけられます。
これからワーキングマザーになる会社の後輩に読ませてあげようと思います。
西原さんの表紙は、思わず笑いと共にほろりとさせられます。そうそう、人生女の方が絶対たのしい。

4000人に聞きました ハッピー・ワーキングマザーBOOKの詳細を見る

 <  前の記事 初めての妊娠・出産 (たまひよ新・基本シリーズ)  |  トップページ  |  次の記事 流産―もう、一人で苦しまないで  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15268

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。