Top >  産み分け関連読本 >  35歳からのおめでたスタンバイ

35歳からのおめでたスタンバイ

35歳からのおめでたスタンバイ
大葉 ナナコ
35歳からのおめでたスタンバイ
定価: ¥ 1,575
販売価格: ¥ 1,575
人気ランキング: 113061位
おすすめ度:
発売日: 2006-09
発売元: 学陽書房
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
35歳からのおめでたスタンバイの詳細を見る

おいおいおい、ちょっと頼むよ~~。。。
「35歳からのおめでたスタンバイ」みたいな本を100円コーナーに置いておくんじゃね~よ~。
・・・と、今回はいきなりブックオフの100円コーナーにキレてみました。

しかも、よくよく見れば、35歳からのおめでたスタンバイの他にも、35歳からのおめでたスタンバイの続編みたいなのとか、大葉 ナナコ関連の書籍が投げ売り状態に・・・!

・・・っったくアイツ等ふざけやがって~~。
だいたいにして「いらっしゃいませ、こんにちは~」ってゆう、心が微塵もこもってない、ただ言わされてるだけのセリフを聞いてるだけでサツイがこみ上げてくるぜ(-_-メ)

よかった!
得るものが多い本でした。
確か、桜沢エリカさんの本で著者のことを知ったのですが、
妊娠、出産について、真摯に取り組まれている感じがとても素敵でした。
また、ご自身も5度の出産!を経験されているので
「産んでないのに、どうして分かるの?」というようなこともなく、
とてもためになる話ばかりでした。

無痛分娩や陣痛の促進剤にはどんな作用があるのか、
日本の出産は世界的に見てどうなのか?
そういった自分ひとりでは分かりえないことを
いろいろ教えてくれました。

まだ出産前ですが、陣痛など「怖い」という恐怖感しかありませんでしたが、
「陣痛も徐々に強くなって『ならし』のようなもの」
「母乳を与える時は眠くなる物質が出る。このときは休めというサイン。
出来れば働かない方がよい」など、
どちらかといえば東洋医学的な見解で大変ためになりました。

35歳より前の人でも読んだら安心できる面が多いと思います。
35歳を過ぎて出産された方の例も載っていますが、
こちらがまた感動的。
読んでいて思わず涙がこぼれました。

前向きな気持ちになれました
パートナーが子どもがほしくないというのと、仕事が忙しく、気づけば35歳をすぎてました。
「いつか欲しいけどいまは…」という気持ちがだんだん「いまから産めるのかな…」という不安に…。
排卵日に合わせたセックスというところまで積極的な子づくりはしていないのですが、35歳すぎから避妊はやめていて、危ないかなあと思う日にしてもとくに妊娠しないで1年たってしまったので、なんとなく自分は妊娠できないのかなとも弱気になってきていました。

そんなときに書店でこの本を見かけて手にとりました。
本の最初のほうを読んで、即! 買おうと決めました(アマゾンのギフト券があったのでアマゾンからの注文にしましたが(笑))。
この本を読んで、すっごく励まされました。避妊をやめてから2年ぐらい妊娠しなくても当たり前と言われて、あらためてそうなんだ?と納得。あきらめないでいいんだなと前向きな気持ちになれたのが何よりよかったです。
妊娠しなくても、いきなり不妊治療というのではなく、漢方や体調を整えるとか、もっと手前でやれることがあるんだなと思ってほっとしました。体調を整えるところから始めていきたいと思います。

35歳からのおめでたスタンバイの詳細を見る

 <  前の記事 mr partner (ミスター パートナー) 2008年 05月号 [雑誌]  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15059

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。