« 2008年06月07日 | Top

【最新記事】

統計からすると男の子は育てにくいといわれています。
それは、不慮の事故の際に5~9歳の子供と14歳の子供で比較すると5~9歳の男の子は女の子に比べて2.4倍、14歳でも1.6倍不慮の事故に遭いやすいという数字が出ていまするのです。
確率からすると、男の子はじっとしていられないために落ち着きがなくて危なっかしいという性質が関係して、女の子より男の子のほうが事故に遭いやすいようなのです。
その事故が起きる原因としては、動くことが大好きな男の子は、目に入るいろいろなことに興味をもってしまい、そのことに対して真っ直ぐに突っ走っていってしまうという性質によるものが多いようです。
現代の医学はかなりの進歩をしてきているので、病気に関しては子供が病気にかかりやすいからといって心配をしなくても大丈夫ですし、特別に過保護になる必要もないと思います。
逆に十分に注意をしなければならないのは不慮の事故に対するものです。
男の子は思ってもみないような行動を突然します。
それを念頭に置き十分な配慮や注意が必要になると思います。

産み分け ~産み分けのいろいろ~

産み分けという言葉をよく聞くようになりましたね。このサイトでは産み分けについていろいろと紹介しています。産み分けについて面白い話もありますよ!


更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo