Top >  産み分け方法 >  グリーンゼリーとは

グリーンゼリーとは

グリーンゼリーは男の子を望み、妊娠するのに有効なアイテムとして用いられる薬のひとつです。
では、グリーンゼリーの仕組みや使用方法そして、どこで入手できるのかについて説明していきたいと思います。
男の子を望む人がグリーンゼリーを使用して妊娠するために、イギリスで開発されました。
性交前にグリーンゼリーを使用することにより、膣内をアルカリ性に近づけるのです。
そのために、男の子をつくるY精子にとって生きやすい環境をつくることにより、男の子を妊娠しやすい状態を作り上げるのです。
グリーンゼリーを使用した場合の男の子を妊娠する確率はおよそ80%で産み分けることが可能であると言われています。
産婦人科の医師により指導内容が多少変わってきますが、グリーンゼリーの使用方法は、まずグリーンゼリーを注射器に5~7mlを取ります。
その際にグリーンゼリーが固まってしまっている場合もありますので、熱湯を入れたコップに、ゼリーを容器ごと3.4分浸してとかしてから使用します。
ここまで準備ができましたら、グリーンゼリーの温度を確認してから、注射器をできるだけ膣の奥に入れてから注入します。
注入した後は、グリーンゼリーが出てきてしまわないように腰を浮かし高い位置に上げた状態で、5分程度待ちます。
5分程度経過したら性交をしても大丈夫です。
グリーンゼリーの購入方法としては、ピンクゼリー同様です。
インターネットでも簡単に入手することが可能ですが、購入する際には産婦人科に相談することをお勧めします。

 <  前の記事 ピンクゼリーの使用方法  |  トップページ  |  次の記事 リンカルとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15860

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。