Top >  産み分け方法 >  ピンクゼリーとは

ピンクゼリーとは

ピンクゼリーを使用する方法は、女の子を妊娠したい場合に有効な手段とされています。
イギリスでピンクゼリーは開発され、女の子を望んで妊娠したい場合に使用すると有効とされています。
性交前にピンクゼリーを使用することによって、子宮頸管や膣の中が酸性の状態になるため、女の子を作る上で大切なX精子がとても有利な状態になるので、女の子が生まれやすくなるのです。
確率としては、ピンクゼリーを使用した場合に約80%の確率で産み分けに成功するといわれています。
使用方法に関しては、受診する産婦人科の医師によっても多少異なりますが一般的には排卵日の2日前くらいに使用します。
なぜ排卵日の2日前にピンクゼリーを使用するのかというと、より効果的に女の子を産み分けるために、女の子を妊娠しやすい時期に性交を行うのがベストとされているからなのです。

 <  前の記事 マイソフィアと基礎体温  |  トップページ  |  次の記事 ピンクゼリーの使用方法  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15858

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。