Top >  産み分け方法 >  食事療法による産み分けとは

食事療法による産み分けとは

噂でよく産み分けをする際に効果を上げる食事のメニューがあるとよく耳にしますね。
本当に食事に気をつけているだけで、産み分けは可能なのでしょうか?
よく耳にするのは、男の子を望むなら肉料理を食べて、女の子を望むなら食べるという方法のようです。
食事によって産み分ける方法には、このようにさまざまな説があるようです。
有名な食事による産み分け方法のひとつに、トミサワ式という方法があります。
トミサワ式は、食べるものによって体を酸性にしたり、アルカリ性にしたりする方法9なのです。
男の子が欲しい場合には、お母さんは毎日サラダ菜を食べるようにして、肉類・卵・みかん・お菓子などは食べてはいけません。
お父さんは毎日、魚・卵・肉を決められた量だけ食べて、海藻類やこんにゃく、レタスやジャガイモ・バナナなどは食べてはいけないとされているのです。

 <  前の記事 産み分けと染色体  |  トップページ  |  次の記事 トミサワ式とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15950

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。