Top >  産み分け方法 >  産み分けのための性交とは

産み分けのための性交とは

男の子を望み、排卵日がおおよそ特定できるといった場合にはその日のうちに何度も性交を行うことで希望の性別に産み分けを成功させるポイントとなるようです。
また男の子を望んでいる場合には、女性がオルガスムスを感じるくらいの深い性交を行うことで 男の子が生まれる確率があがるとされているのです。
それはなぜかというと、女性がオルガスムスを感じた時にアルカリ性の分泌液が子宮頸管から盛んに分泌されるからなのです。
アルカリ性の分泌液が分泌されることにより、普段は酸性の膣内が中和されます。
膣内が中和されることによって、酸性であった膣内がアルカリ性に近づくことでアルカリ性に強い男の子をつくるためのY精子が高い確率で受精するのです。
つまり、排卵日の性交で女性がオルガスムスをもっとも感じることができれば、男の子が生まれてくる可能性が高くなるのです。

 <  前の記事 排卵日の見定め  |  トップページ  |  次の記事 性交の体位も産み分けには大切!?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15946

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。