Top >  産み分け方法 >  排卵日を知るための基礎体温

排卵日を知るための基礎体温

女性の膣内は普段は酸性なのですが、排卵日にはアルカリ性が強くなります。
また、排卵日をはっきりと知るためには、基礎体温を計測し続けることで推測できます。
基礎体温とは、朝起きてすぐの活動を一切していない状態の体温のことを言います。
健康な女性であれば、体温が少しずつ上がったり下がったりします。
また、基礎体温を測る場合には、1目盛りが0.05度の婦人体温計を使用してください。
女性がオルガスムスを感じたときに、アルカリ性の分泌液が子宮頸管から盛んにでることにより、普通は酸性の膣内を中和させる働きがあります。
膣内が中和されることにより、アルカリ性により近づくためにアルカリ性に強いY精子が高い確率で受精することができます。
逆に女の子を望む場合には、Y精子が通りにくくなるように膣の中を酸性にすればいいので、オルガスムスを感じないあっさりとした性交を行うことが重要です。

 <  前の記事 男女の産み分けとは  |  トップページ  |  次の記事 婦人体温計とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15943

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。