Top >  産み分け方法 >  男の子を望むなら

男の子を望むなら

前回は女の子を望む場合について紹介しました。
逆に男の子を望む場合には、卵胞が成熟した状態でヒト絨毛性性腺刺激ホルモンを注射すれば、約36時間後に排卵します。
ですから、正確な排卵を知りたい場合にはヒト絨毛性性腺刺激ホルモンを併用することにより男の子を妊娠する確立があがります。
他にも、通院して排卵誘発剤を使用することにより産み分けを行うことが可能な場合があります。
また、クロミッドという内服薬を服用することにより大抵は子宮頸管粘液が減少してくるため、女の子ができやすいと言われています。
逆に男の子を望む場合は、排卵誘発剤の注射をすることにより排卵を促し子宮頸管粘液が増加するので、男の子が生まれやすくなります。
但し、ホルモン剤を使用する場合にも、排卵誘発剤を使用する場合も医師とよく相談してから使用すべきかを決めた方が良いでしょう。

 <  前の記事 女の子を望むなら  |  トップページ  |  次の記事 基礎体温とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15855

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。