Top >  産み分け方法 >  女の子を望むなら

女の子を望むなら

産み分けの前提として、基礎体温を毎日しっかり測って排卵日を推測することが大事です。
しかし、産み分けの鍵となるのが排卵の2日前になると言えるでしょう。
ですが、月経周期が通常より長い排卵障害や無排卵月経といったことで産み分けをしたいと思っている人の中には悩んでいる人もいると思います。
実際には、通常に月経が来ている人にとっても排卵日の2日前を断定することはとても難しいことです。
そこでホルモン剤を使用することで、人為的作為的に排卵の2日前を作り出すことができます。
方法としては、性交をしたその日のうちにホルモン剤であるHCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)を注射することにより、約36時間後に排卵が起こるので女の子を産み分けるのに良いタイミングになるといわれているのです。
女の子を希望するなら上記の方法は有効であるかもしれませんね。

 <  前の記事 産み分けとは  |  トップページ  |  次の記事 男の子を望むなら  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15854

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。