Top >  産み分け対策 >  産み分け時の避妊法

産み分け時の避妊法

産み分けを考える場合、基礎体温を毎日しっかり測って、排卵日を特定することも大切ですが、避妊についてもしっかり理解を深めておく必要があります。
そこで、いくつかの避妊方法についてご紹介したいと思います。
最初に、基礎体温法についてです。
基礎体温表を毎日しっかりつけていると、だいたい排卵日を確定できるようになります。
ところが、精子の寿命はその時々の体調によって変わってきてしまいますし、個人差によっても異なるため、排卵日の前後だけ避妊すればいいというわけでもありません。
ですから、月経後すぐだから大丈夫と安易な考え方をしてはいけません。
基礎体温表をしっかりつけて排卵日を推測したとしても、必ず100%の確率というわけにはいきません。
排卵日後の高温期に入り体温が上がっても、最低3日間は避妊する必要があります。
このように、月経周期が普段から不規則な人にとっては、基礎体温による避妊をあまりお勧めできません。
また、月経周期がたとえ規則的であっても、他の避妊方法と併用したほうが確実です。

 <  前の記事 産み分け専門の病院とは  |  トップページ  |  次の記事 避妊法・・・ピルとペッサリー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15965

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。