Top >  産み分け対策 >  トミサワ式とは

トミサワ式とは

食事で産み分けをする「トミサワ式」という方法があるようです。
男の子を産み分けしたいと希望する場合、お母さんは毎日サラダ菜を食べるようにし
肉や卵などは食事制限が入ります。
そして、お父さんは魚・肉・卵は決められている量のみで海藻類やこんにゃくなどは食べてはいけないようです。
また、女の子が欲しい場合には、お母さんは毎日肉・卵・魚を食べて、海藻類やこんにゃく、きゅうりは食べてはいけません。
そして、お父さんは、毎日サラダ菜を食べて、トマトや柑橘類は食べてはいけないのです。
これは毎日同じものを食べなくてはいけないので、根気強くやらなくてはいけませんね。
また、食事の偏りによる健康面も心配です。
そこで、実際にトミサワ式を実験したことがある人に話を聞いてみると、毎日決められた食事を守らなければならないため、とてもストレスが溜まり大変だったそうです。
特に男性においては会社で食事を摂りますし、残業があたり接待や付き合いで外食をしたりしますので、実際には、厳密に決められた食事を摂り続けることはかなり難しく、
現実的ではないようです。
このことにより、食事による産み分け方法は、客観的に考えても、あまり効果は期待できないもののようです。
また、健康面からみても偏った食事になりますから、あまりお勧めできるものではありません。

 <  前の記事 食事療法による産み分けとは  |  トップページ  |  次の記事 排卵日と子宮頸管粘液の関係  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15951

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。