Top >  産み分け関連 >  産み分け神頼み

産み分け神頼み

産み分け神社や子供授かり神社というものが全国にあります。
その神社について紹介しましょう。
茨城県の下妻市にある高道祖神社では、拝殿に供えられた男女のシンボルの形をしたお餅を子授かりの祈祷が行われています。
また、節分には男女のシンボルの形をしたお餅がまかれ、家に帰った後に男性は女陰の形をしたお餅を、女性は陽物の形をしたお餅を食べるとご利益が増すそうです。
他にも幹まわりが4.5mはある大きなけやきの木もあります。
三重県の鈴鹿市にある子安観音寺は、白子の子安観音とも呼ばれており安産祈願を行うとお守りがもらえます。
その中に授かる子が男の子なのか女の子なのかが記されているそうです。
また見所として、県指定文化財の仁王門や国指定天然記念物の不断桜があります。
京都には、金閣寺の南側に位置するわら天神が安産の神様として有名です。
安産の護符がわらでできており、護符のわらに節があると男の子、節がないと女の子を授かるという言い伝えがあります。
石川県加賀市にある子安神社では、授かる子の性別を境内にあるわらで占うそうです。
占いはわらを一掴みして、わらの本数が奇数なら男の子、偶数なら女の子を授かるといわれているそうです。
他にもまだまだおもしろいう産み分け神社が全国各地にあると思います。
近くの神社を探して、神頼みしてみてはいかがでしょうか?

 <  前の記事 全国の産み分け神社  |  トップページ  |  次の記事 男の子は育てにくい!?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15970

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。