Top >  産み分け関連 >  産み分けと染色体

産み分けと染色体

よく聞く話として、昔から男の子しか生まない人を「男腹」、女の子しか生まない人を「女腹」となどと呼んだりするようです。
しかし、これでは赤ちゃんを生む人によって最初から男女の性別が決まっているかのような話ですが、全く根拠のないことで事実とは異なります。
赤ちゃんの性別は妊娠5ヶ月くらいの時期にエコーでわかりますが、実際には受精した瞬間にはもう決まっているそうです。
そして、男女の性別は女性の卵子には決定する力はなく、男性の精子で決定します。
精子と卵子が合体することで受精卵が生まれ、精子と卵子にはそれぞれ23本の染色体があります。
染色体はとてもとても小さなものですが、人の全てを決定しており、染色体の中には遺伝子情報がぎっしり詰まっています。
遺伝子情報には、ヒトとして成り立つ上で必要となる身長や髪の毛の色、手足が2本ずつ、指は5本などの情報も含まれています。
また、染色体には性別を決める遺伝子もあり、精子の持つ23本の染色体のうち、23番目の遺伝子は男女によって異なります。女の子の場合にはX染色体とX染色体は一組ずつの性染色体で、男の子の場合にはX染色体とY染色体の組み合わせの精子をY精子です。
このことから、X精子が卵子と受精すると女の子、Y精子が卵子と受精すると男の子が生まれるのです。

 <  前の記事 根拠のない産み分け法とは  |  トップページ  |  次の記事 食事療法による産み分けとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15949

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。