Top >  産み分け関連 >  排卵日の見定め

排卵日の見定め

最近の婦人体温計は目覚まし機能やデータを記憶しておいてくれる機能などとても優れています。
ですので、朝が弱い人でも口に入れておけば勝手に測定してくれるのでとても便利であるといえます。
時間があるときに体温計が記録してくれているデータを用紙に書き写すだけなので、どんな人でもきっと継続してできると思います。
基礎体温のグラフからも排卵日を確認し推測する方法もありますが、他の方法として、おりものの粘り具合からでもチェックすることができます。
排卵日から間があるときには、おりものには全く粘りがなくサラッとしているのですが、排卵日の3日前ぐらいから、粘り具合の強くなったおりものになってきます。
確認方法ですが、まずは確認する前には必ずよく手を洗い清潔な状態にしてください。
そして、膣内部のおりものを、そっと指に取ります。
人差し指と親指でおりものを引っ張ってみたときに大体2cm伸びたら排卵日の約3日前になります。同じ要領でおりものが大体3.4cm伸びた場合には、排卵日の1.2日前だと思われます。
そして排卵日の当日になると、おりものを引っ張ってみても切れなくなります。
気になる方はぜひ試してみてください。

 <  前の記事 婦人体温計とは  |  トップページ  |  次の記事 産み分けのための性交とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15945

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。