Top >  産み分け関連 >  産み分け関連本について

産み分け関連本について

前回、ヨナッシュ・メソッドという方法について紹介しました。
この方法は、ヨナッシュ・カレンダーをという自分専用のカレンダーを使用します。
カレンダーは、オーストラリアにある国際ジョナスセンターで自分の誕生日・出生時間・出生場所等の個人情報をもとに作成されます。
カレンダーには申し込んだ内容で、元気な赤ちゃんが受精する時期や妊娠の確率が高い時期、性別が決まる日などが分かりやすく記されているのです。
ですから、カレンダーを見ながら性交をする日を決めたり、避妊したりするだけでいいそうです。
価格は決して安いものではないので、興味がある人は資料請求してみてはいかがでしょうか?
さて、ここからは産み分けに関する本について紹介していきましょう。
男女産み分けに関することをマンガやイラストを多く使用し、妊娠の話や基礎体温のつけ方から具体的に男の子・女の子を望む場合について、病院のかかり方や費用についても「マンガでわかる!男女産み分け完全ガイド」には載っています。
他にも、レディスクリニックの院長が執筆されて親切にわかりやすく書かれた「女の子・男の子 産み分けBOOK」があります。
また、バイオリズムによって産み分けを進めていくという本もあります。
興味がある方は、試してみるのもいいですが、できるだけ確実に産みたいと思う方は産婦人科で相談することをお勧めします。
書店では他にも多くの産み分けに関する本がありますので、実践できそうな興味のある本を探してみるといいでしょう。

 <  前の記事 科学的受胎法とは  |  トップページ  |  次の記事 規則正しく排卵させるためには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15867

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。