Top >  産み分け関連 >  科学的受胎法とは

科学的受胎法とは

科学的で高度な受胎法として、ヨナッシュ・メソッドという薬の使用や医学的な処置をしない方法があります。
この方法は今までにさまざまな臨床実験が行われ、不妊症の克服や男女の産み分け等、かなりの確率で可能だということが立証されているのです。
他にも流産や早産による未熟児といったリスクを減らし、おなかの中で充分に育った健康な赤ちゃんを授かるのに適した日にちを知ることもできるそうです。
このヨナッシュ・メソッドという方法はヨーロッパを中心に広く普及しています。
そして、発見されてからの47年間で世界の100万人以上の女性たちに使用されてきました。
現在では、科学者のグループによってイギリスで研究が進められ、メディアからの関心も多いのです。
また、日本でも育児雑誌などで取り上げられたからか、このヨナッシュ・メソッドという方法は日本でも普及してきているようなのです。

 <  前の記事 姉と弟の関係は  |  トップページ  |  次の記事 産み分け関連本について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15866

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。