Top >  産み分け関連 >  異性のきょうだいを持つと

異性のきょうだいを持つと

お父さんお母さんが子供の男女の産み分けを望んでいる場合には、さまざまな理由があると思います。
例えば、お母さん自身が女姉妹の環境で育ったから、男の子が欲しいと思う人もいるでしょうし、逆にお父さんの生い立ちが男兄弟の中で育ったから、どうしてもかわいい女の子が欲しいなど、それぞれの家庭でいろいろな理由があって産み分けを希望する夫婦も多いと思います。
そんな異性のきょうだいを持ったことのないお父さん、お母さんのために異性同士のきょうだいの特徴について少し挙げてみたいと思います。
女姉妹の環境で育った人にとっては、一度は「お兄ちゃん・弟」に憧れたことがあると思います。
しかし実際には、兄と妹の関係については、分離してしまうケースが多いようです。
なぜかというと、性別が違うためにライバル関係になることはなく、遊ぶ内容や趣味や交友関係についてもほとんどが別々になってしまうケースが多いからです。
また、兄と妹の関係は、性別の上下意識により兄のほうが圧倒的に有利な立場になってしまうことです。
さらに、親や親族などの人たちの頭の中には「跡取り」という意識が知らず知らずのうちに働いてしまい、長男を優遇してしまう傾向にあります。
そのことで自分自身も無意識のうちにその価値観を身につけていってしまうのです。

 <  前の記事 リンカルの使用方法とは  |  トップページ  |  次の記事 兄と妹の関係とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15863

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。