Top >  産み分けとは >  男の子は育てにくい!?

男の子は育てにくい!?

男の子は育てるのが大変なため、女の子の産み分けを希望する人も少なくないようですが、果たして男の子はそんなに育てていくことが大変なのでしょうか?
女の子との違いを小児科が行ったデータを参考に比較してみたいと思います。
男の子が育てにくい理由のひとつとして昔からよく挙げられるのが、体が弱く手がかかると言われていますが、これには数字的な根拠もあります。
出生率からいうと男の子106に対して女の子100となっています。
この理由として、生命力の弱い男の子のほうが生まれてくることが多いそうです。
また、いろいろな病気も男の子のほうがかかりやすいといわれています。
例を挙げると、5歳児の場合はゼンソクになるのは女の子の1.3倍で、下痢は女の子の1.4倍となっています。
不慮の事故は子供の死亡原因の1位ですが、ここでも5~9歳の子供と14歳の子供で比較すると5~9歳の男の子は女の子に比べて2.4倍、14歳でも1.6倍という数字が出ています。

 <  前の記事 産み分け神頼み  |  トップページ  |  次の記事 男の子は特に事故などに注意が必要  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15971

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。