Top >  産み分けとは >  性別の判別する時期は

性別の判別する時期は

妊娠後、胎児の性別というものはいつ頃くらいにわかるものだと思いますか?
胎児は最初、みんな女性器を持っていると言われています。
6~7週頃になるとホルモンの関係で男の子・女の子それぞれがもつ外性器が発達してくるのです。
そして、11週末になると男の子か女の子かの性別が判断できるようになります。
但し、この段階ではエコーで確認するには早く、エコーで性別が判断できるのは4ヶ月半ば頃ですが、まだ赤ちゃんが小さいために正確に判断することは難しいようです。
確実にわかるようになるのは、7~8ヶ月頃だと言われています。
ですので、おなかの赤ちゃんの性別が知りたいと思うのであれば、この頃に担当の先生に聞いてみるといいかもしれません。
ですが、先生によってはお腹の中の赤ちゃんの性別を教えないという主義を貫いている先生もいるようですから、教えてもらえない場合もありますが・・・
7~8ヶ月、それ以降だと今度は赤ちゃんが大きくなるのでエコーではおなかの中の赤ちゃんの性別が確認しづらくなるようです。

 <  前の記事 避妊法・・・ピルとペッサリー  |  トップページ  |  次の記事 全国の産み分け神社  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15968

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。