Top >  産み分けとは >  病院での産み分け・・・問診と内診

病院での産み分け・・・問診と内診

病院で産み分けを行う場合についてですが、問診表を記入することから始まります。
そして、次に診察室に入り医師の問診があります。
病院によっては、医師の問診を受ける事前に尿検査によるホルモン分泌の様子と妊娠の有無を確認する場合もあります。
医師による問診ですが、事前に記入した問診表をもとに、いろいろな質問をされると思います。
また、カウンセリングは産み分けについてですので、夫婦の性交についても質問が必ずあります。
プライベートなことなので恥ずかしい部分もあるかと思いますが、正直に答えて不安なことや疑問に思うことがあった場合には、積極的に質問するほうが良いでしょう。
問診が終わり診察になると、妊娠の時と同じように内診を行っていきます。
内診を行うことで、膣や卵巣・子宮の状態をチェックし妊娠が可能かどうかについてや
性感染症や子宮ガンの検査も同時に行います。
最終的に超音波検査による排卵の状況を確認します。
膣の中に経膣プローブを入れることで、子宮や卵巣を観察すると排卵の様子がはっきりわかるそうです。
そうして様々な検査を行い、その結果で排卵日がわかり、妊娠が可能な状態であれば、性交のタイミングや方法を具体的に医師から指導して頂けます。
まだ排卵日までに日にちがある場合には、排卵日が近くなった頃に再診をし、改めて性交のタイミング等について指導して頂けます。
時には一度で妊娠しない場合もありますから、その際には通院をして指導を続けていきます。
始めは戸惑うことも多いかもしれませんが、根気良く継続していくことが大切なのです。

 <  前の記事 病院での産み分けとは  |  トップページ  |  次の記事 SS研究会とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15962

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。