Top >  産み分けとは >  産み分けと噂

産み分けと噂

重曹を使って男の子を産み分ける方法があるそうです。
男の子が欲しい場合には、重曹大さじ2杯を1リットルのぬるま湯に溶かし、膣内を洗浄して膣内をアルカリ性にすることでY精子が生きやすい環境を作ります。
重曹が完全に溶けた状態にするため、使用する15分前にはこの溶液を用意しておき、性交の直前に膣内の洗浄ができるようにしておきます。
この食酢を使う場合も重曹を使う場合にも、必ず排卵日に行うと良いそうです。
次にコーヒーを飲むことで産み分けをする方法です。
濃いコーヒーを性交の15~30分前に飲むと、もともとY精子はX精子より元気なのですが、コーヒーを飲むことにより、さらに刺激を与えて元気になるようです。
コーヒーに含まれるカフェインが、精子を刺激する働きがあることは実証済みとのことです。
最後に、着用する衣服によって産み分けをする方法です。
締め付け過ぎの下着やきつい衣服を着用している男性は、衣類が体の熱を逃がさず体温を上げてしまうため、精子が弱まったり死んでしまったりするので、一時的に精子の数が少なくなってしまうといわています。
しかも、そのような状態になるのは男の子を作るY精子なのです。ですから、男の子を望んでいるならば男性の衣類は締め付けがきつくないものを選んだほうがいいかもしれません。

 <  前の記事 産み分けに関する噂とは  |  トップページ  |  次の記事 病院での産み分けとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15960

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。