Top >  産み分けとは >  高齢出産と産み分け

高齢出産と産み分け

高齢出産の場合は産み分けに支障はでるのではないかと、心配をしている人もいますが、全く支障はありませんので諦める必要はありません。
しかし、高齢出産の場合には、産み分けの前に妊娠によっておこるリスクを知ることが大切で、第一に自分自身の身体のことを考えることが先決です。
なぜなら、高齢の出産には低体重児・妊娠中毒症・先天性異常児などといったリスクが想定されるからなのです。
2人目を出産する場合には、一度目の出産からどれくらいの期間をあけたほうがよいのでしょうか?
産み分けをする・しないに関らず、授乳をやめて生理がきたらまず最初に基礎体温をしっかり測定します。
期間として最低1年は様子をみたほうがいいようです。
赤ちゃんに母乳をあげている時期では、母体にかなりの負担を与えるからです。そのためにもしばらく間隔をあけたほうが良いでしょう。

 <  前の記事 産み分けに関する心配事とは  |  トップページ  |  次の記事 産み分けに関する噂とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15958

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。