Top >  産み分けとは >  排卵日と子宮頸管粘液の関係

排卵日と子宮頸管粘液の関係

普段の膣内は酸性の粘液でいっぱいになっているといわれています。
アルカリ性に強いY精子にとって、酸性の環境というものはとても生きにくいのです。
しかし、酸性の度合いは一定の周期で変化していきます。
子宮頸管粘液といわれる粘膜が、膣から子宮への入り口となる子宮頸管の周辺にあります。
排卵日が近づくと、子宮頸管粘液は水分を含んでさらさらの状態になり分泌量が増えてくるとされています。
そして、分泌されるアルカリ性の子宮頸管粘液は酸性の状態にあった膣の中を排卵日の前にはアルカリ性の粘液によって、だんだんと中和されていきます。
それは、男の子を作るY精子にとって生きやすい状況ちなり、排卵日当日にはとても通過しやすい状況になるのだそうです。
逆に、排卵日より前だと女の子をつくるX精子は酸性に強いため、生き残りやすい状況になるのだと言えるのです。

 <  前の記事 トミサワ式とは  |  トップページ  |  次の記事 人工授精と男の子  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15952

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。