Top >  産み分けとは >  産み分けとは

産み分けとは

自分の子供は生まれてきてくれるだけでありがたいですよね。
男の子であっても、女の子であっても可愛いものです。
ですが、「最初は○○がほしい」と思う人も多いものです。
もし、希望の性別の子供が生まれてきてくれたら・・・そんな方法があるのなら・・・と
思う人も多いと思います。
この頃は、「産み分け」という方法があるのをご存知な方も多いのではないでしょうか?
男の子か女の子かを強く希望する人が、希望する性別の子供が生まれる可能性が高いといわれている方法を行うことが「産み分け」なのです。
ですが、産み分けってそんなに簡単に行えるの?と思う方もいるでしょう。
ここでは、産み分けについていろいろと紹介していきましょう。
女性は、毎月当たり前のように「生理」というものがやってきます。
生理とは受精卵が着床していない場合、子宮の内膜が剥がれて出血することですが、その周期というものが普通より長いとされる(普通は28日といわれているようです)排卵障害であったり、卵子がないといわれる「無排卵」月経といったもので悩んでいる人は多いと思います。
それは、産み分けをしようと希望している人の中にもいるのです。

トップページ  |  次の記事 女の子を望むなら  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15853

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「産み分け ~産み分けのいろいろ~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。